タスクが達成できなくてつらい...そんなとき

ある日のタスクが消化しきれず、その次の日は前日+当日のタスクとなるためまた消化しきれず、こうしてどんどんタスクの負債がたまっていく...

 

私が宅浪をしているときはこれが日常でした(というか今でもそんな感じです)。約300日ほどある受験生活において、タスクをきちんと達成できたのはせいぜい10日くらいだったと思います。

 

みなさんはいかがでしょうか。順調にタスクが消化できているならそれは素晴らしいことです、尊敬しちゃうくらい。しかし、たいていの人はうまくいっていないことと思います。

 

そして落ち込んでいることでしょう。自分はなんてダメなやつなんだ...こんなんじゃ志望校に受かりっこないじゃんか、と。

 

安心してください。私も毎日そう思っていました。というか、タスクを毎日きちんと消化することなど我々クズにはできっこないのです。それができてるなら現役の時に受かってるのです。

 

 

設定したタスクの40%ができれば上出来

浪人生で一番問題なのは、途中でドロップアウトすることです。志望校のレベルを落としたり、仮面先に落ち着いてしまったり...。つまり、春浪人を決めた人のうち何割かは消失しています。

そしてさらに何割かは自堕落な生活などで勝手に死にかけています。

 

ですから、浪人をする上で大事なのは、志望校を目指し続けることなのです。現役のとき目指していた志望校を引き続き目指し続けて勉強しきれるなら、それだけで浪人生活の半分は勝利です。

 

だから、タスクの40%なのです。たとえタスクの40%しか達成できなかったとしても、タスクに取り組み続けているだけで十分なのです。

 

タスクを消化できないと大変落ち込むと思います。それは私も何度も何度も経験しているのでよくわかります。でもそこで気分が沈みきって沈滞するのではなく、いやいや、少しでもタスクをやっている自分は他の浪人生に比べてなんて立派なんだ!とほめてあげましょう。

 

浪人ははっきり言って精神勝負です。20メートルシャトルランみたいなもんです。あきらめることはいつでもできるけれど、プライドでも意地でも恥でもなんでもいいですから、何かを原動力にして勉強を続けましょう。

 

 

タスクを見直そう

さて、精神的な問題はこのように克服してもらいたいのですが、現実問題としてたまったタスクをどうするのかということがありますね。

 

これはまあ単純な話ですが、来月に延期するか、思い切ってそのタスクを消してしまいましょう。

 

例えば私は「マドンナ古文常識」を3周する予定をたてていましたが、結局これ必要ないなと思って切りました。他にも京大の英語25か年や世界一わかりやすい京大の文系数学なども、やる予定はもちろんありましたが、私がぐうたらしていたばっかりにタスクがたまりまくって切るにいたりました。

 

それでも受験結果はついてきましたから、過去問をやたらめったらやることは王道だとは思いますが、それより前にやるべきことがあるようです。つまるところそれは基礎の徹底と応用問題における基礎知識の運用に慣れることなのですが、それに関しては具体的な勉強法の紹介の際にやります。

 

 

今回は短めです。稲荷山を登ってきたらありえん疲れたので面白いこともあまり書けてません。ゴメンネ!